ミュンヘン情報

ミュンヘンのクリスマスマルクトをはしごする

先日、ミュンヘンのOdeonsplatzで行われている2つのクリスマスマルクトへ行ってきました。

クリスマスが近づいてきたということもあり、沢山の人でにぎわっていましたよ~(^・^)

中世のマルクト

まず1つ目はヴィッテルスバッハー広場で行われている、中世のマルクトです。

こちらは中世のマルクトをそのまま再現しているため、お店の外観や店員さんの服装が中世風です。

窯焼きFlammbrotのお店と店員さん。

こちらのお店はかなりの行列ができていたので並んでみました。

全然進まないなぁ(・_・;)と思っていたら、釜から焼きたてのパンが次々と出てくるのと同時にどんどんと進んでいく行列。焼き上がりを待っていたんですね(^_^;)

私はじゃがいもとチーズのFlammbrot(4€)を食べたのですが絶品でした!!

出来立てを食べられたからと言うのもあるかもしれませんが、じゃがいもとチーズにホワイトソースの組み合わせが最高でした♡
あとは窯焼き効果かな?

美味しさのあまり夢中で食べすぎて口蓋をやけどしました。笑
そして写真も撮り忘れました・・・(*_*)

また、こちらでは中世の仮装?をした人たちがホラ貝?の音と共にマルクト内を練り歩いていました。

何かイベントが始まるのかと思いしばらく見学していましたが、とくに何も起こらず。笑

なんだったんだろう?気になります(^_^;)

レジデンツの中庭

つづいてはレジデンツの中庭で行われているマルクトへ。

中世のマルクトから徒歩5分くらいで着きます(^^)

中庭なので四方が囲まれている為、独特の雰囲気が出ていて楽しめます。

お店の看板も可愛い♡

そしてまた食べ物の話です。笑Schweinehals(豚首肉)の串焼きです。
1本5€と少しお高いですが、すごく美味しい。
こんな感じでパンの薄切りとセットになっています。

豚の首肉ってミュンヘンに来るまで食べたことがなかったのですが、すごく美味しいんです。
スーパーだと安く買えるので、我が家の食卓によく登場します(^・^)

また、こちらのお店ではガーリーックパンも売られていてとっても美味しそうでしたよ~

そして続いても食べ物をご紹介。

これはすれ違う人がよく食べていたので気になって買ってみました☆
1つ5€でした。
Baumstriezelという名前のようです。
味は

・glasiert(砂糖をまぶしたもの)
・Zimt-Zucker(シナモン)
・kakao(カカオ)
・Mohn(ケシ)
・Kokos(ココナッツ)
・Walnuss(クルミ)
・Mandel(アーモンド)
・Haselnusskrokant(ヘーゼルナッツ)

と8種類から選べます。

その場では全く読めなかった(家に帰ってから調べました(^_^;))ので気になった粉を指さして購入しました。

→ちなみにケシでした

お店の奥に機械があり、次々と焼かれていきます。


こんな感じで棒状のものみくるくる巻き付けて、砂糖をたっぷりまぶした状態で焼かれます。
そして焼きたての状態で最後に好きな味をまぶしてくれます。

できたてほかほかです♪
びよーんっ。

焼き立て、ふっくらもちもちのあまーいパン♡
とっても美味しかったです♪ヽ(^o^)丿

食べてばかりのクリスマスマルクト、最後は可愛いゴミ箱をご紹介して終わります。

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)
ドイツ語文法学習におすすめの問題集

語学学校に通いだして、複数の先生におススメされたテキストです。
このテキストをプリントして授業で使う先生も何人かいました。

A1からB1までの文法がわかりやすく説明されていて、
練習問題もあるので文法学習に最適です。

 
文法を理解するにはとてもわかりやすい本ですが、
学校で先生に確認したら練習問題の数ヶ所、答えの間違いがありました。

わたしが購入したのは2014年ですので、現在はすでに訂正されていると思いますが、一応お知らせしておきます。