ミュンヘン情報

電車でお得に小旅行♪バイエルンチケット

バイエルン州内のローカル電車で旅行するならバイエルンチケットが断然お得です☆

私もよく利用している便利なチケットなのでご紹介したいと思います(^^)v

バイエルンチケットとは?

簡単に言うとバイエルン州内の一日乗車券です。

日本で言う青春18きっぷみたいなもんですかね?(^_^;)とにかく割安なチケットです。

1人23Euroで購入することができますが、このバイエルンチケットのスゴイところは最大5人まで同乗可能で人数が増えるごとに1人当たりの料金が安くなっていくのです!!

bt
DBホームページより引用

一番左側の表が2等席に乗れるバイエルンチケットの料金です。

人数が1人追加されるごとに+5Euroの料金になり、1人で23Euroが最大人数の5人になるとなんと1人あたり8.6Euro!!

とってもお得ですヽ(^。^)ノ

5人以上で利用する場合はチケットを追加で購入する必要がありますので、5人で乗るのが一番お得です

1日乗車券ですので、日帰り旅行の場合は往復で1人あたり8.6Euro!!素晴らしい安さです!!

ちなみに表の料金は左から
2等席→1等席→夜間2等席→夜間1等席の料金が書かれています。

1等席には乗ったことがないのでどんなものか分かりませんが、2等席で2,3時間乗車しても全く問題なく快適に過ごせますよ☆

チケットの購入方法

バイエルンチケットは駅の窓口でも購入可能ですが、その場合は手数料が掛かってしまいますので券売機での購入をおススメします。

U-Bahnに設置されている青い券売機なら日本語に切り替えができるので安心して購入できますよ♪
bt2
S-Bahnに設置されている赤い券売機でももちろん購入可能ですが、その場合は日本語表示はありません

最寄駅がU-Bahnでなくても乗車日を選択して購入できますので、日本語案内が良い方はU-Bahnがあれば立ち寄って前もって購入しておくと良いと思います☆

券売機でのチケット購入は現金の場合50Euro以下でないと買えません。
また場合によっては小さい金額の紙幣のみ、もしくは現金を受け付けないとなることもありますので注意が必要です。

バイエルンチケット利用の注意点

bt3

1.チケットに記名が必要

写真は青の券売機で購入したバイエルンチケットです。券売機によってチケット形態が異なる場合があります。

購入の際に何人乗車するのかを選択する画面があり、今回は2人分購入しました。

28Euroと書かれている下に下線が2本あるのがお分かりでしょうか?

ここには乗車する人の名前を書かなければいけません。

使用後の譲渡を防ぐ目的があるようですがはたして抑止効果はあるのですかね?疑問です(^_^;)

乗車中の車内でチケットの提示を求められた時、名前を書いていないと特に怒られるとかではないですが、書くように指示されますのでペンを持参してくださいね。

2.使用できる時間帯

バイエルンチケットは土日祝は終日利用可能ですが、平日は朝の9時から夜中の3時までと時間が決まっています。

平日に利用される場合はご注意ください。

私は一度時間の事をすっかり忘れて朝早くに乗ってしまい、車内で通常料金を支払った事があります(-_-)

3.乗車できる電車の種類

バイエルン州内の電車、トラム、バスに乗車可能です。(一部乗車不可のバス有り)

ですのでご自宅やホテルの最寄駅からバイエルンチケット1枚で乗車できます。

ICE,IC,ECなどの快速電車には乗車できません(主に白い車体の電車)

赤い車体のRE,RBなど停車駅の多い電車でのみ有効です。

車両には1等席と2等席があります(車体に1か2と大きく書かれています)ので、ご自身が購入したチケットの車両に乗車して下さい。

不安であれば乗車前に駅員さんに確認すると良いと思います

最後に

バイエルンチケットはバイエルン州、ドイツ近郊国への旅行にとっても便利なチケットです。

ただ電車のトラブルなどで思わぬ足止めをくらう場合もありますので(バイエルンチケットに限らず)時間には余裕を持ってご旅行されることをお勧めします。

私は旅先からミュンヘンに帰る際、電車が全く来なくて2時間ほど駅のホームで足止めされたことがあります・・・(-“-)

他にも何のアナウンスもなくホームが変更になっていたりもありますのでお気を付け下さい(^_^;)

私もまだまだ行ってみたいところが沢山あるので、上手にバイエルンチケットを使って小旅行を楽しみたいと思います♡

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)