日帰り旅行

続・Chiemsee(キームゼー)のバスツアーに参加

前回の記事の続きです☆

Chiemsee(キームゼー)のバスツアーに参加去年の秋ごろの話ですが、バイエルン州にあるChiemseeへ行ってきました。 写真を整理していたらいろいろ出てきたのでご紹介したいと思...

VELTRA:ミュンヘン発、ヘレンキームゼー城オプショナルツアーに参加した時のことを書いています(^^)

Herrninsel(男島)へ

Fraueninsel(女島)の自由時間を終えた後は再び船に乗船し、Herreninsel(男島)へ向かいます。

2つの島はそんなに離れていないのですぐに着きますよ(^^)

右側の看板にはいろいろな国の言葉で歓迎のあいさつが書かれていました。

日本語もありましたよ~♪

ツアーのメイン☆ヘレンキームゼー城へ

Herreninsel(男島)の船着き場からヘレンキームゼー城までは馬車か徒歩で向かいます。
私たちは馬車には乗りませんでしたが、馬車が走る風景はまるで映画のワンシーンのように美しく感じました♡

徒歩の場合はガイドさんと一緒にお城まで向います。

もちろん個人で行っても問題ありません(^^)

こんな道や


こんな道。


そして牛さんがいる牧場の横を通ってヘレンキームゼー城へ向かいます(^^)

徒歩で30~40分くらいですが、のどかな美しい風景を見ながら歩くのはとっても楽しいですよ♪

牧場を過ぎると少し開けた場所に出ます。
美しいですね♡

ついに到着、ヘレンキームゼー城!!


ちょっと遠目から。

お城の正面に噴水がありますが、私が訪れた日は秋の終わり頃だったので噴水の水は抜かれていました。残念(ーー;)

夏にはお水があり、噴水も作動しているそうです。

本当なら彼らの口からお水が出ているはず。笑


噴水を通り、お城のすぐそばまで来ました。

この写真を撮影した場所のすぐ後ろにはヘレンキームゼー城が建っているので、ルートビッヒ2世はきっと城内からこの美しい風景を眺めていたのだと思います(^^)ステキ♡

 城内の見学ツアーへ参加

城内は自由に見学はできませんので、ツアーに予約をして参加します。

今回のオプショナルツアーには元々城内の見学ツアーは付いていたので、ガイドさんがすべて手続きをしてくれていました。

お城の見学ツアーはドイツ語,英語,ロシア語のツアーがあったと思います。

私たちは自動的に英語ツアーに参加でした。

入場の際に日本語で書かれたA4サイズの簡単ガイドを貰えますので、英語が分からない私でも楽しく参加できました☆

ツアー終了後に回収されますが、ほしいと言ったら貰えました(^^)v

城内は一切撮影が禁止されているので写真はありませんが、豪華絢爛!!

私の趣味ではないですが笑、素晴らしいお城でした(^^)

こんな贅沢なお城を3つも建てたらそりゃ財政難になりますよね(-▽-)って思いました。

日本ではノイシュバンシュタイン城が有名で、ヘレンキームゼー城はどちらかと言うとマイナーなお城だと思いますが、時間があればぜひ行ってみてほしいおススメの観光地です!!

Fraueninsel(女島)もHerreninsel(男島)も島自体がとても美しくゆったりできますし、ヘレンキームゼー城の見学ツアーも楽しいので良いですよ~♡

VELTRA:ミュンヘン発、ヘレンキームゼー城オプショナルツアー

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)