ドイツの○○

ドイツのポイントカード【PAYBACK Karte】

ドイツにも日本と同じように、お買い物をするとポイントが貯まるカードがあります。

ドイツに住むのであればぜひ持っておきたいおススメのカードですので、ご興味があればぜひポイントカードを作って見て下さいね☆

いろんなお店でポイントが貯まる!

日本だとお店ごとにポイントカードがあって、私の場合は作ってみたもののカードが増えすぎて財布がポイントカードでパンパンになって捨ててしまったり、結局上手く利用することができませんでした。

ところがドイツではポイントカードはPAYBACKカードだけ(実際は他にもありますが)と言っても過言では無いくらい1つのポイントカードで色々なお店でポイントを貯めることができます☆

2016-03-12_18h58_06

PAYBACKホームページより引用

↑は加盟店の一例で、この他にもいくつかポイントが貯まるお店があります。

私の場合、スーパーはREWE,Realともによく利用しますし、dmやAlnatsuraでもお買い物をする機会が多いのでとっても有難いです。

更にルフトハンザ航空やエクスペディアも加盟しているので、飛行機や宿泊の予約でもポイントが貯まります☆(^・^)

お店ですぐにポイントカードが手に入る

PAYBACKカード加盟店ではレジ付近などに必ずポイントカードが置かれています。
payback
こんな縦長のリーフレットで、青いボールのようなキャラクターが目印です。payback2
中には写真の様に2枚カードが入っていて、家族で一緒にポイントが貯められるようになっています(^_^)vpayback3
カードの裏面のバーコードをレジで読み込んでもらうことでポイントが付与されます。

署名欄には名前を書いておきましょう☆

・店頭でカードを持って帰る場合、その日のお買いものからポイントを付けてもらえるので、商品と一緒にリーフレットごとレジに出すと良いですよ♪

・ポイントの後付けはしてくれないので、必ず会計中にカードを提示して下さいね♪

・カードはその日から使用できますが、別途郵送もしくはインターネットで会員登録が必要です。

ポイントアップクーポンを利用して賢く貯める

PAYBACKカードの会員になると、定期的にポイントアップ(だいたい2倍~多くて10倍)のクーポン券が送られてきます。
payback6
電子化の時代にかなりアナログなスタイルですが(^_^;)お買い物の際にこのクーポン券をカードと一緒に渡すだけでOKです。(クーポン券はHP上で入手できるデジタルバージョンのものもあります)

クーポン券を上手く使ってお買い物をするとすぐにポイントが貯まりますよ☆

何ポイント付与されたのか、今何ポイント貯まっているのかはレシートに毎回印字されるのですぐに分かります。
payback7
1段目→自分のカード番号
2段目→今回のお買い物で付与されたポイント数
3段目→クーポン券で付与されたポイントアップ分のポイント数
4段目→現在貯まっているポイント数

と言う感じです。

お店によってレシートの印字方法は異なるのですが、内容は同じです。

貯まったポイントの使い道

私もまだポイントを使ったことがないのですが、貯めたポイントの使い道は2つあります。

①店頭で金券に換える
お店の中の一角に換金用の機械が設置されていますので、そこでレシートのような金券を出し、レジで提示して使用できます。

②商品に換える
貯めたポイント数に応じて様々な商品に換えることができます。

2016-03-14_10h42_13
PAYBACKホームページ
より引用

ドイツで有名なキッチンブランドWMFは、PAYBACKカードの加盟店なのでたくさんの商品がポイントで交換できるようになっています(^^)

交換できる商品は見ているだけでも楽しいです☆
私は金券にするか商品に交換するか決めきれないままどんどんポイントを貯めている状態です(^_^;)笑

PAYBACKカードの登録方法もご紹介しようと思ったのですが長くなってしまったので、登録方法は次回ご紹介しますね☆

PAYBACKカードの申し込み・登録方法PAYBACKカードについて詳しくはこちらの記事をご覧ください☆ https://doitsude.com/payback/ PAY...

旅行の際のホテルやツアーの予約、日本製品のネットショッピングはポイントサイト経由がお得です♪

ポイントサイトを活用して旅行費用を賢く節約♪ヨーロッパに住んでいると地続きの為、日本からよりも気軽に海外旅行を楽しめます。 私もドイツに住んで4年目となりますが、ヨーロッパ内の色...

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)