A2-1

ドイツ語 A2-1【Nr.40】頻度を表す単語

★このカテゴリーでは私が語学学校で受けた授業の内容を順番通りにまとめたものをご紹介していきます。これから語学学校で勉強される方が、大まかな流れを知っておけば授業が受けやすいかなと思って作りました。ご参考になれば幸いです。

いつも、ときどき、めったにない

今回は表題のような頻度を表すドイツ語についてご紹介します。

このような単語を使うことで、ドイツ語表現がより豊かになりますので、A2-1の教科書に出てくる単語+よく使う頻度を表す単語を「私は夜ご飯を作る=Ich koche Abendessen.」と言う例文を使ってそれぞれ書いていきます。

いつも

ドイツ語ではimmer(イマー)と言います。

おさるさん
おさるさん
Ich koche immer Abendessen.
=私はいつも夜ご飯を作る 

この文であれば

うさぎさん
うさぎさん
Ich koche jeden Tag Abendessen.
=私は毎日夜ご飯を作る

とも言えますね。

何度も、よく、しばしば

ドイツ語ではoft(オフト)と言います。

おさるさん
おさるさん
Ich koche oft Abendessen.
=私はよく夜ご飯を作る

ときどき

ドイツ語ではmanchmal(マンヒマル)と言います。

頻度を表す表現方法としてはoftと似ていますが、ドイツ語の表現としてはoftの方が「頻繁に」という意味合いがあるので、頻度が高い表現となっています。

おさるさん
おさるさん
Ich koche manchmal Abendessen.
=私はときどき夜ご飯を作る

めったにない

ドイツ語ではselten(ゼルテン)です。

おさるさん
おさるさん
Ich koche selten Abendessen.
=私は滅多に夜ご飯を作らない

決して~ない

否定・打ち消しの意味を持つドイツ語はnie(ニー)と言います。

おさるさん
おさるさん
Ich koche nie Abendessen.
=私は決して夜ご飯を作らない

頻度を強調したいとき

それぞれの例文では同じように文を作りましたが、頻度を強調したいときは

おさるさん
おさるさん
Manchmal koche ich Abendessen.

という風に単語を一番前に持ってくることも可能です。

まとめ

頻度を表す単語は他にもたくさんありますが、A2-1ではこれで十分です。

この5つが使えるようになると会話に幅ができますのでぜひ覚えて使ってください(^^)

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)