A2-1

ドイツ語 A2-1【Nr.41】Komparativ:比較級の使い方

★このカテゴリーでは私が語学学校で受けた授業の内容を順番通りにまとめたものをご紹介していきます。これから語学学校で勉強される方が、大まかな流れを知っておけば授業が受けやすいかなと思って作りました。ご参考になれば幸いです。

Komparativ:比較級とは

比較級はその名の通り2つのものを比べて「AよりもBの方が大きい」「BよりもAの方が高い」と表現する文法です。

比較級のルール

①比較級を表す場合、形容詞の終わりに-erが必ず付きます。

②形容詞によってはウムラウトが付きます

比較級の代表的な形容詞

上記のルールに沿って、比較級でよく使われる単語をいくつか挙げておきます。

形容詞
Adjektiv
原型
Positiv
比較級
Komparativ
大きい groß größer
小さい klein kleiner
長い lang länger
速い schnell schneller
遅い langsam langsamer
興味深い interessant interessanter
健康な gesund gesünder
形容詞に「a」「o」「u」が付く場合、langsamerのように変化しないものもありますが、比較級ではウムラウトに変化するパターンの方が多いと思います。
一つずつ覚えていきましょう。

特殊な変化をする比較級

比較級のルールに当てはまらず、独自の変化をする形容詞がいくつかあります。

形容詞
Adjektiv
原型
Positiv
比較級
Komparativ
良い gut besser
たくさんの viel mehr
よろこんで gern lieber

 

この他、ルール通りに変化するが下記のように省略されるパターンもあります。

形容詞
Adjektiv
原型
Positiv
比較級
Komparativ
高い(高さ) hoch cher → höher
高い(価格) teuer teuerer → teurer
暗い dunkel dunkeler → dunkler

                       

比較級:Komparativの文の作り方

例:Auto1はAuto2よりも速い

Auto1 ist
schneller als Auto2.

例:兄は父より背が高い

Mein Burder ist größer als Vater.

例:私はコーヒーより紅茶が好きだ(紅茶を飲むのが好きだ)
 
Ich trinke lieber Tee als Kaffee.

このように比較級の文は

主語+Komparativ(比較級)+als+比較対象

で作られます。

alsという単語は他にも意味がありますが、比較級で使われるときには「~より」という意味になります。

「同じくらい」と表現する場合

これまで書いてきたようにどちらか一方が「速い」や「遅い」と差があるときは比較級+alsで表現できますが、どちらも「同じくらい速い」「同じくらい遅い」場合は下記のように表します。

例:劇場は映画館と同じくらい面白い

Theater ist genauso interessant wie Kino.

 例:レナとミアは同じくらい走るのが速い

Lena und Mia laufen genauso schnell.

このように「同じくらい」と表現するには

主語+genauso+Positiv(原型)+wie+比較対象

となります。

形容詞は比較級の形には変化せず、そのまま使います。

2つ目の例文「レナとミアは同じくらい走るのが速い」では「レナとミア」が主語となるのでwie+比較対象はありません。
この文が「レナはミアと同じくらい走るのが速い」となると「レナ」が主語、「ミア」が比較対象になるのでLena läuft genauso schnell wie Mia.と言うこともできます。

まとめ

・比較級のルール
 ①形容詞の語尾が-erになる
 ②「a」「o」「u」はウムラウトに変化させる(すべてではない)

・ルールに当てはまらず独自に変化する形容詞

 gut → besser

 viel → mehr

 gern → lieber 

・比較級の文の作り方

 主語+Komparativ(比較級)+als+比較対象

・「同じくらい」という文の作り方

 主語+genauso+Positiv(原型)+wie+比較対象

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)