ミュンヘン情報

たらこが買える!ミュンヘンにあるロシア食材店

お友達からずいぶん前に教えてもらっていたこのお店、行こう行こうと思いながらついつい後回しにしていましたが先日やっと行ってきましたので記事にしてみました☆

たらこの今までの代用品

このお店で購入するまでは、IKEAで購入できるたらこチューブを使っていました。

使いかけのものなのでちょっと汚いですが(^_^;)

金髪の男の子の絵が目印の商品、日本のIKEAでも買えたような気がします。

少ーし生臭さが残りますがたらこパスタを作るときに重宝しておりました☆ただチューブがアルミ?なので使いづらいのが難点・・・たまに折り目から中身が出てきていしまうことも(-“-)

海外製品はこのタイプのチューブが多いですが、みなさんどうやって上手く使っているのでしょうか?(^_^;)

ロシア食材店“ODESSA”で買えるたらこ

IKEAのたらこはチューブ型ですが、こちらのお店は缶詰で売られています。

この読めない文字がいかにもロシアという感じがします(^^)

お値段は1缶2,99ユーロでした☆
中身は写真の様にたらこのプチプチだけがどっさりと入っています♡

1缶130gと2人暮らしの我が家にはかなり多めなので、私は↓のような感じで1回分ごとに小分けして冷凍しています。

パスタはもちろん、ごはんに乗せて食べてもとっても美味しかったです♡

Karlsplatzからすぐ近く

このロシア食材店の場所ですが、Karlsplatzから徒歩3分ほどの場所にあります。


道沿いに進んで行くと通りには写真の様に看板だけが出ていて、この道を行くと中庭のような場所にでて、正面にお店が見えてきます。

お店はそれほど大きくなく、こじんまりとしています。

たらこは入口すぐ左手の棚に置かれいて、棚にはなんとご丁寧に日本語が書かれていました(・.・;)

きっと日本人がたくさん買いに来ているんだろうな~と思いました。笑

隣りにある黄緑色のラインの缶、これは何の卵なのかも気になったので今度買ってみようかなと思います☆(^^)

缶詰なのに冷蔵保存?

お店の棚が冷蔵棚になっていたので、お会計のときにレジのおじさんに「これは冷蔵庫に入れておかないといけないの?」と聞いてみました。

すると「もちろん冷蔵庫に入れないといけないよ」との返答が。

缶詰って常温保存するものだと思っていたのでちょっとびっくりしましたが、缶詰の底にも↓のような文言がありました。

翻訳してみてもイマイチ分からなかったのですが、2~7℃で保存したら良いと書いてあるのかなと(^_^;)

「Siehe Deckel:蓋を見ろ」と書いてあるのは蓋に賞味期限が書いてあるからだと思われます。

今は寒いですし、冷蔵庫でなくても大丈夫な気もしますが、お店のおじさんが要冷蔵と言っていたので従っておきます(*^^)

場所もKarlsplatzからすぐで便利な場所ですし、とっても美味しいのでぜひ足を運んでみて下さい☆

★2019.01.25追加
久しぶりにたらこを買いに行ったらパッケージが変わっていました↓↓

ロシア食材店“ODESSA”

 

◆住所:Karlspl. 4, 80335 München

◆営業時間:月~土 10:00-20:00
      日・祝 休み

 

 

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)