渡独準備

渡独を振り返って①電圧とコンセント

去年の今頃は渡独の準備でいろいろ調べたり、買い物に行ったりしていたなぁと夫と話をしていました。

何もわからず手さぐりの状態で進めた渡独準備でしたが、持ってきて良かったものや別に必要なかったものなど振り返って考えてみました。

今日はまず①として電圧とコンセントについて書きます。
 
去年の私たちのように渡独の準備をされている方の少しだけでも参考になればいいなと思います(^^)

電圧の違い。変圧器は必要か?

日本とドイツでは電圧が異なりますので(日本:100v・ドイツ:230v)日本の製品をドイツで使用する場合には変圧器が必要になります。

変圧器を使用することで日本の製品をドイツで使用することが可能になります。

ですが、変圧器は重いし値段も結構高い・・・
簡易型変圧器の購入も考えましたが、量販店の方に「あまりおススメしませんよ。」と言われたので断念(ーー;)

買ったばかりの炊飯器を持って行きたかったので変圧器を購入するつもりでいましたが、結局海外向けの炊飯器を買ったの必要なくなりました。

でも変圧器はとりあえずあった方が良いのかな?(・.・;)と最後まで悩みましたが、結局購入せず。変圧器なしで全く問題なく生活できています

どうしても日本の製品を使いたい!!ということでしたら必須になるかと思いますが、基本的にドイツはなんでもありますのでドイツのものを使えば必要ありません。

炊飯器だけはやっぱり日本のものが良かったので、日本で購入して持ってきましたが、ドイツのAmazonでも日本製の炊飯器が購入可能ですのでドイツに来てから買ってもいいのかなと思います。

→炊飯器はドイツ語でReiskocher=ライス・コッハーです。

変換プラグはたくさんあると良いと思う

ドイツのコンセントは日本と差込口の形状が全く違います。

デジタルカメラのバッテリーやiPhoneの充電などは電圧は対応していますが、日本の充電器をそのまま差し込むことはできないので、差込口をドイツ使用に代える変換プラグが必要です。

ドイツのコンセントはCタイプなのでCタイプの変換プラグが必須です。
家電量販店で安く購入できますので幾つか購入しておくと便利だと思います。

変換プラグはドイツでも買えますが、日本の方が安いです。

230vまで対応している製品であれば変換プラグを使うだけ


ドイツのコンセントに

変換プラグを挿すだけです(^^)


変換プラグに~

挿すだけです♪

◆持っていきたい家電の種類にもよりますが、変圧器はなくても十分生活できます。

◆炊飯器は海外仕様のものを購入すればそのまま使えますしドイツAmazonでも炊飯器が買えます。

◆C型変換プラグはたくさん買っておくと便利です。(ドイツでも買えるが高め)

◆手持ちの家電の電圧を必ず確認しておく。~230v対応可なら変換プラグのみで使用可能。

渡独を振り返って②持ってきてよかったもの渡独を振り返って②ではドイツに持ってきて良かったものと、別にいらなかったものをご紹介したいと思います。 ①では変圧器と変換プラグについ...
渡独を振り返って③日本の食料品と調味料③では日本の食料品や調味料について書きたいと思います。 以前の記事は↓からご覧いただけます(^^) http://doitsud...

 

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)