A1-1

ドイツ語 A1-1【Nr.21】für:~のために

★このカテゴリーでは私が語学学校で受けた授業の内容を順番通りにまとめたものをご紹介していきます。これから語学学校で勉強される方が、大まかな流れを知っておけば授業が受けやすいかなと思って作りました。ご参考になれば幸いです。

★ドイツ語が読めない方向けにフリガナを振っていますが、正確な発音とは多少異なります。フリガナは参考程度にご覧ください。

前置詞「für~」:~のために

今回は前置詞「für~」の使い方についてご紹介したいと思います。

「für~」は「~のために」「~にとって」と言う意味を持ち、常にAkkusativ:4格を取ります。

ドイツ語 A1-1【Nr.14】格変化:4格Akkusativ★このカテゴリーでは私が語学学校で受けた授業の内容を順番通りにまとめたものをご紹介していきます。これから語学学校で勉強される方が、大まか...

人称変化は以下の通りです。

Nom.(1格) Akk.(4格)
ich mich
du dich
er ihn
sie sie
es es
wir uns
ihr euch
Sie/sie Sie/sie

Sie/sieとesはAkk.でも変化なしでそのままです。

Für wen ?:誰のために~

※wer=誰が

Nom.(1格)  Akk.(4格)
wer wen

ウェイターとお客さんのやりとりで「für~」を使ってみたいと思います。

ウェイターさん
ウェイターさん
Für wen ist der Käsekuchen?
フュア ヴェン イスト デァ ケーゼクーヘン?
(これは誰のためのチーズケーキ?=チーズケーキのお客様は?)

お客さん
お客さん
Für mich. Danke. 
フュア ミヒ ダンケ.
(私のため=私です。ありがとう。)

お客さん
お客さん
Der Schokoladekuchen ist für ihn.
デア ショコラーデクーヘン イスト フュア イーン.
(チョコケーキは彼のです)

このようにfürは常にAkk.をとります

よく使う「für~」の表現

「für~」をどんな時に使うのか、例文をいくつかご紹介します。

おさるさん
おさるさん
Ich muss für die Prüfung lernen.
イヒ ムス フュア ディ プルフング リャーネン.
(私は試験のために勉強しないといけない。)

うさぎさん
うさぎさん
Das ist wichtig für uns.
ダス イスト ヴィヒティヒ フュア ウンス.
(それは私たちにとって重要だ)

おさるさん
おさるさん
Er möchte eine Eintritskarte für die Oper bekommen.
エア カウフト アイネ アイントリッツカーテ フュア ディ オーパー
(彼はオペラ(のため)の入場券を入手したい)

うさぎさん
うさぎさん
Für meinen Sohn kaufe ich einen Computer.
フュア マイネン ゾーン カウフェ イヒ アイネン コンピューター
(息子のために私はパソコンを買う)

今回のまとめ

・für~は常にAkk.(4格)をとる前置詞

・für~=「~のために」「~にとって」

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)