ドイツの○○

Deutsche Post の International Brief が改悪です(T□T)

1Kg未満の荷物を送るのに重宝してたDeutsche PostのInternational Briefですが、2019年1月1日より改悪となり、小包が遅れなくなりました・・・。

先ほど日本の家族へ小包を出してきたのですが、窓口のお兄さんにこのことを教わりました。

International BriefはDokumentのみに

夫と私のそれぞれの親族に500gの小包を2つ、1Kgの小包を2つ用意していました。

これまでなら500gは3,70ユーロ、1Kgは7ユーロで合計21,40ユーロで送れるはずだった小包たち。

ところが窓口でお兄さんから「小包は禁止になったんだよね。Dokument(書類)しかだめなんだ。」と言うようなことを言われました。

しかし、お兄さんはいつものようにInternational Briefの記入した用紙を小包に貼ってくれていたので「Ach so~.」なんて言いながらイマイチお兄さんの言っている意味を理解していなかった私。

いつもなら1つずつ重さを量ってレジを打つのに今日は1つしか量っていなかったので「何でだ?」と思っていたらお兄さん。

「64ユーロです。」

\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/!!

思わず「64ユーロ?!」と聞き返してしまった私。

するとお兄さん「International BriefはDokument以外禁止になったからPäckchenで1つ16ユーロなんだよ。高くつくけどね。」と笑顔でパンフレットを手渡してくれました。

恐らくまだInternational Briefが1月1日から変更になったばかりなのでInternational Briefの用紙でそのままDHLのPäckchenの料金で手続きをしてくれたのだと思いますが、おバカな私の頭は大混乱(^_^;)

家に帰る途中やっと理解できました。

小包は一律~2Kgのみに

これまで小包はDeutsche PostのInternational Briefで500gまで3,70ユーロ/1Kgまで7ユーロ/2Kgまで17ユーロと3段階で料金が設定されていて1Kgまでの小包はかなり安い料金で送ることができていました。

しかし、今回の改悪でDeutsche PostのInternational Briefは不可小包はDHLのPäckchenのみで2Kgまで一律16ユーロしか選択がなくなりました(ToT)

これまでの1Kgまでの小包が安すぎた為の改悪だと思いますが、知らずに500gと1Kgギリギリまで調整した私の努力を返してほしい・・・笑

別に損をしたわけではないのですが、知ってたら2Kgまで詰め込んだのにな~と・・・(*_*)

今後小包はDHLで一律2Kgまでしか選択肢がなくなりました。

皆様もお気を付け下さい(ToT)/~~~

★2019.01.09追記
Deutsche Post のHPに旧Brief Internationalそのものの料金形態Warenpost Internationalという新しいサービス?が掲載されていますが、残念ながらこちらは法人向けのサービスのようです。

 

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)