日帰り旅行

男子スキージャンプを観戦!

あけましておめでとうございます!

2019年の始まりはマリエンプラッツで迎えました(^^)

上手く写真は撮れませんでしたが↓こんな感じです。

沢山上げられていた花火の中のいくつかは市庁舎の建物に直撃したりしていたので「これは大丈夫なのか?」と心配しながら見ておりました。

また今年は12月28日からスーパーで打ち上げ花火が販売されていたのですが、販売されたその日からあちこちで花火が上がっていました(^_^;)新年まで待ちきれない感じなんですかね?笑

また当日も狭い道路で打ち上げ花火が好き勝手に上げられていて、歩いている横でいきなり花火が始まることもありドキドキでした(^_^;)

ガルミッシュパルテンキルヘンでスキージャンプを観戦

1月1日の新年早々、ガルミッシュパルテンキルヘンで男子スキージャンプを観戦してきました。

スキージャンプはドイツ語でSkispringen(シーシュプリンゲン)と言います。

私の中でスキージャンプといえば高梨 沙羅選手が見たかったので、夫から男子だけと聞いて全然乗り気じゃなかったのですが、行って良かったです!!

結果から言えば日本人の小林 陵侑選手が見事優勝!!

初めてウィンタースポーツを観戦したのですが、すごく楽しかったです!!ヽ(^o^)丿

当日券はスタンド席のみ


私たちは前売り券を買っていなかったので当日現地でチケットを購入しました。

普通席は完売していて、当日券はスタンド席のみ販売でした。

スタンド席もすごい人でした(゜o゜)

小林選手は有名人

スタンド席に入り、見やすい場所を探してウロウロしていた私たち。

1人の白人のおじさんがすれ違いざまに「Kobayashi!!」と言いながら満面の笑みで力強く親指を立てて見せてくれました。

海外の人に名前を覚えられているなんてすごいな~と思いました(^^)

日の丸を振りたい!!

観客はほとんどがドイツ人、次いでポーランド人が多く皆さん国旗を持って応援に来ていました。

自国の選手が飛ぶときには国旗を振り、「ティーフ!!」と声援を送っている姿を見て、たまらなく日本国旗の日の丸を持っていないことを悔やみました。

仕方がないのでプログラムの紙を代わりに力いっぱい振っておりました。笑

レジェンド葛西選手は特別

ドイツ人とオーストリア人,スイス人の時は上の写真のようにドイツ国旗がはためき、声援も送られていました。

その他の国の選手では当然ながら国旗はなく、「ティーフ!!」の声援もなしでしたが、葛西選手のときだけドイツ人選手たちと同じように国旗がはためき声援が送られていました(゜o゜)

また葛西選手が飛ぶ前に会場のアナウンスでは“Flugsaurier Kasai”と呼ばれ、「私たちはあなたを楽しみにしていた!」と言われていました。

残念ながら1本目で同じ日本の伊藤選手に敗れてしまった葛西選手。

今現在は優勝争いとはならないからなのかもしれませんが、遠く離れたヨーロッパの地で他国の人からこれほどの声援を受ける姿はとても印象的で素晴らしいなと感じました。

日の丸見つけた♡

日本選手が飛ばない間に途中で一度お手洗いに。

その帰りになんと夫が屋台で日の丸をGet!!

まさかドイツで日の丸が買えるなんて!!

めちゃくちゃ嬉しくてそこから日本選手の時は力いっぱい振って応援しました!!
\(^o^)/

小林選手優勝!!

1本目2位だった地元ドイツの選手が、2本目良いジャンプを跳び、会場内は熱狂していました。

そんな中で小林選手の2本目、すごくプレッシャーだったんじゃないかと思います。

そこできちんと決めてくるのはさすがでした。

小林選手のジャンプも良かったので会場は「あぁ・・・」と言う雰囲気になり、皆が結果がでる会場のモニターに注目が集まり、アナウンスに耳を澄ましていました。

結果が出る直前、モニターに2位のドイツ人選手が「うわぁ~!!」という感じで頭や顔を擦っている姿が映し出され笑いが起き、その直後アナウンスが入り小林選手の優勝が決まりました!

結果を聞いた私は、子どもの様にぴょんぴょん跳ねながら日の丸を振っていました。笑

表彰式で感無量なわたし

表彰式の頃にはスタンド席の半分くらいの人は帰っていましたが、それでも人が多く、チビの私は直接見ることは諦めてモニターで。

そして国歌、君が代の斉唱。

夫は表彰台を見に人ごみの中にいたので、少し離れたところで1人日の丸を振りながら君が代を歌う私。

周りから見ると変な奴に思われていたかも。笑

でも、まさか異国の地で君が代が流れる場面に立ち会えるとは思っていなかったので、本当に嬉しかったです。

小林選手、おめでとうございます\(^o^)/

ポーランド人に写真に誘われる

表彰式が終わった後、夫が戻ってくるのを待っているとポーランドの国旗を持った女性に「一緒に写真を撮ろう!」と言われました。

さらに隣りを通り過ぎようとしていたドイツの国旗を持った女性にも同じように声を掛け、「1位、2位、3位の国で撮りましょう!」となり、小林選手のおかげで良い記念写真が取撮れました♪

応援に使われた国旗の行方

会場から出てすぐの場所にRestmüllの大きなゴミ箱が置かれており、そこから溢れんばかりにドイツ国旗が捨てられている光景を見て、他国の国旗ながらショックでした。

国旗をこんなに雑に扱って良いものではないと思っているからです。

先日の虎の門ニュースで竹田恒泰さんが国旗の処分方法について話しておられたのを聞いていたことも大きかったと思います。

このような国際試合が行われる会場では普通の光景なのでしょうか?(;_;)

日本の日の丸が同じように扱われていたらとても悲しいなと思いました。

来週はハンドボールの世界選手権

同じスポーツ繋がりで、来週はミュンヘンで行われるハンドボールの世界選手権を観戦に行きます。

ハンドボールは見たことがないのですが、とっても楽しみです(^^)

購入した日の丸を持って応援に行きたいと思います!!\(^o^)/

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)