日帰り旅行

大人が楽しめるそりすべり

先週末、久しぶりにお天気が良くなる予報だったのでそり遊びへ行ってきました☆

そりすべりは子どもだけの遊びじゃない

ここはミュンヘンから車で約50分程で行けるBlombergという場所です。

Bad Tölzと言う町の近くにあります(^^)

私はそりすべりと言うと”なだらかな山の斜面をまっすぐ滑る”というイメージだったのですが、ここは全く違います。

スキーやスノーボードのようにリフトを使って山頂まで上がり、長い長いカーブもたくさんある山を下って行く専用のコースが作られているのです。

想像していたそりすべりと全く違っていましたし、かなりのスピードが出ます。

更にコースは安全ネットが張られていたりいなかったりなので、1回目に滑った時は物凄く怖かったですが、滑っている内に段々と慣れてきてとても楽しかったです。

しかし、コースは長くカーブもたくさんありますし、幅もそれほど広くありません。

また滑る人数を調整する監視役の人もいませんので、自分で人のと間隔を見ながら滑る必要があります。

人が多くなってくると追い抜きなどもありますので注意が必要です。

お子さんもいましたが、大体は大人と一緒にそりに乗って滑っていました。

リフト券は半日券と1日券

そり遊びにはリフト券が必須です。

9:00-12:30/12:30-16:00の2種類の半日券と9:00-16:00の一日券があります。

  大人 子ども(3~13歳)
Halbtageskarte(半日券) 19ユーロ 12ユーロ
Tageskarte(1日券) 22ユーロ 15ユーロ

私は9:00-12:30の半日券を購入しました。

朝一番は人も少なく周りを気にすることなく滑ることができました。滑るコースの状態も良いので、朝から行かれることをおススメします。

お昼近くになると段々と人が増えてきて、コースの一部が氷状になってしまったりと危なくなり怖いですが、それもまたスリルがあって楽しめます。

「Myそり」持参でそり遊び

ここへ遊びに来ている方の半分くらいはMyそりを持参で遊びに来られていました。

きっと毎年遊びに来ている常連さんなんだろうなと思います。

私はもちろんレンタルそりです(^_^;)

レンタルそりはリフト券売り場の裏側にあります。

この写真は私が返却に行ったときに撮ったものですが、レンタルの為の列ができていました。

おそらく午後からの半日券のお客さんだと思います。朝は誰も並んでいなかったので、やはり午前の方が人は少なそうです。

そりは1つ6,50ユーロ(半日)で借りられますが、25ユーロのデポジットもしくは免許証などの証明書を預ける必要がありますのでご注意ください。

お昼ごはんは山頂のレストランで


お天気が良かったので外のベンチで食事しました☆

写真はKaiserschmarrnという南ドイツとオーストラリアのデザートです。

お味は良かったのですが量がとても多いです(^_^;)

他にもシュニッツェルを食べましたがこちらも美味でした♪

このレストランはそりすべりに来ている人以外にも、雪山登山をされている方などたくさんの方が利用するようで、お昼ご飯の時間帯は席が空くのを待っている方もたくさんいらっしゃいました。

レストランで食事をされるなら、少し早めの時間帯をおススメします。

そりすべりのコースは2つ

そりすべりのコースは2つありますが、実質同じコースです。

リフトを途中で降りればコースの途中から滑ることになります。

降り場にはそれぞれスタッフがいて、途中のところではここで降りるか尋ねてくれますので、降りるか上まで行くか合図すれば大丈夫です。

リフトを降りるときは自分でさっと横へ降ります。リフトの後ろに掛けられているそりはスタッフの人が取ってくれます。


コースが長い分、リフトに乗っている時間も長いです。

ですので半日券で食事もすると3回くらいが限度だと思います。

私はそれで十分でしたが、3回(食事を挟まないのであれば4回)ではもの足りなければ一日券の購入が良いかもしれません。

また晴れていてもかなり寒いです。

防寒対策はしっかりなさって下さい。厚手の手袋はもちろん、ゴーグルや口元を覆えるネックウォーマーなどもあると良いと思います(^^)

Blomberg

住所:Am Blomberg 2 , 83646

営業時間:9:00-16:00(土曜日のみナイト営業19:00-22:00)

HP:http://blombergbahn.com

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)