製品

WECKのシリコンキャップでより便利に!

使いやすくて便利なWECKの保存瓶、日本に帰ってきても気に入ってずっと使っています(´▽`*)

そんなWECKをより便利に使うためのアイテムをご紹介します♪

日本オリジナル商品のシリコンキャップ

ドイツに住んでいる頃からネットで見つけて気になっていたので、帰国後すぐに購入しました。

WECKは本来、保存食を瓶詰めするためのものですが、瓶詰めは滅多にしません。わたしはガラス製でにおいが付きにくく洗いやすいので、タッパー代わりに使用しています。

プラスチック製のWECKのフタも持っていて便利に使っていたのですが、独特のにおいがするので少し気になっていました。

重曹で洗ったりしてみてもにおいが取れなくて、ビンに入れた食品にもその独特なにおいがうつってしまうことがあったので食品の保存に使用するのはやめました。

シリコンキャップの使用感

シリコンキャップのカラーバリエーション

サイズはS/M/Lの3種類、カラーは4色展開です。

わたしはブラックを購入しました。ブラックはスッキリと締まった印象になるのでとても気に入っていますが、残念なところもあります。

・シリコン素材は細かいほこりがつきやすく、黒は目立ちやすい

・洗ったあとの水滴の跡がわかりやすい

わたしが購入したときにはまだ販売されていなかったオリーブグレイ。
個人的にはこれがいちばんほこりや水滴が目立ちにくくておしゃれなんじゃないかなと思います。

買い足すときはオリーブグレイを買ってみよう(´▽`*)

使いごこち


シリコン素材なのでぐにゃぐにゃ曲がります。

ふたはガラスの溝にそわせてはめ込んでいく形なので、ガラス蓋やプラスチックに比べるとすこし面倒です。

ですがシリコンキャップはその分しっかりと密閉されるので液体を入れても漏れないのがGutです!
このようにねかせて置いても大丈夫です(^^)

スタッキング


シリコンキャップでも写真のとおりスタッキングは可能ですが、ふたは柔らかいので安定感はガラスやプラスチックに比べると劣ります。

重ねられるけれど少しグラグラした感じがします。

WECKのふたは用途に合わせて使い分ける

ガラス蓋、プラスチック、シリコンと色々な種類があるので用途によって使い分けるのがおすすめです。

  ガラス プラスチック シリコン
値段
使い勝手
密閉度
(要パッキン&金具)
×
スタッキング
その他 金具なしだと
ふたを載せているだけになる
においがするものがある 少し閉めにくい

わたしは作ってその日や次の日に食べるようなおかずの場合はガラス蓋を、梅干しやオリーブなど比較的長く保存するものにはシリコンキャップを使っています。

WECKの保存瓶はとても使いやすくお手入れもしやすいので、ふたを賢く使い分けながらこれからも愛用していきたいと思います(´▽`*)

たくさんあるWECKの保存瓶の中でも私がいちばんよく使うのがこちらのタイプです。
見た目よりたくさん入るのでおかずの作り置きにとっても便利です♪

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)
ドイツ語文法学習におすすめの問題集

語学学校に通いだして、複数の先生が使っていておススメされたテキストです。

A1からB1までの文法がわかりやすく説明されていて、
練習問題もあるので文法学習に最適です。

 
文法を理解するにはとてもわかりやすい本ですが、
何ヶ所か練習問題の答えに納得がいかず、学校で先生に確認したら
答えが間違っていました。

わたしが購入したのは2014年ですので、現在はすでに訂正されているかもしれません。