A2-1

ドイツ語 A2-1【Nr.44】Nebensatz:wennの使い方

★このカテゴリーでは私が語学学校で受けた授業の内容を順番通りにまとめたものをご紹介していきます。これから語学学校で勉強される方が、大まかな流れを知っておけば授業が受けやすいかなと思って作りました。ご参考になれば幸いです。

Nebensatz:wenn

A2-1では3つのNebensatzが登場します。

今回の「wenn」はその3つ目となります。

ドイツ語 A2-1【Nr.38】副文:理由を述べるweil★このカテゴリーでは私が語学学校で受けた授業の内容を順番通りにまとめたものをご紹介していきます。これから語学学校で勉強される方が、大まか...
ドイツ語 A2-1【Nr.42】Nebensatz:dassの使い方★このカテゴリーでは私が語学学校で受けた授業の内容を順番通りにまとめたものをご紹介していきます。これから語学学校で勉強される方が、大まか...

これらはそれぞれ表現する対象が異なります。

Nebensatz W-Frage
weil warum?=なぜ?
dass was?=何を?/何が?
wenn wann?=いつ?

 

wenn=~のとき

Nebensatzのルールをおさらいしておきます。

・Hauptsatzのすぐ後ろに「,」+「接続詞(今回はwenn)」

・Nebensatzの動詞は文末

今回のNebensatz「wenn」は「wann?=いつ?」を表現するときに使います。

wennを使った例文

試験があるときはナーバスになる

Ich bin nervös, wenn ich eine Prüfung habe.

この文は

私はナーバスだ(HS)→いつ?(wann?)→試験があるとき(NS)

となっています。

母は時間があるときはカフェに行っている

Meine Mutter geht ins Café, wenn sie Zeit hat.

母はカフェへ行く(HS)→いつ?(wann?)→時間があるとき(NS)

となります。

wennは先頭に来ることができる

これまでのNebensatz「weil」と「dass」は必ずHS+NSという並び方で使われていましたが、「wenn」の場合、HS+NSNS+HS両方の並び方を使うことができます

先程の例文を使うと
試験があるときはナーバスになる

Ich bin nervös, wenn ich eine Prüfung habe.

 ⇓

Wenn ich eine Prüfung habe, bin ich nervös.

とNSが先、HSが後ろに入れ替えて表現が可能です。

この場合NSはそのまま前に持っていき、HSは動詞が先頭に変化します。

NSが前(wennが先頭)の時は「,」コンマを動詞で挟むと覚えておくと良いと思います。

母は時間があるときはカフェに行っている

Meine Mutter geht ins Café, wenn sie Zeit hat.

Wenn meine Mutter Zeit hat, geht sie ins Café.

この文をそのままNS+HSの並びに変えると、「Wenn sie Zeit hat, geht meine Mutter ins Café.」となります。

しかし、ここで使われている「sie」は母「meine Mutter」を指すため(母を彼女と省略)の表現なので、先に母「meine Mutter」が使われていないと文としておかしくなります

その為、「sie」と「meine Mutter」が入れ替わっています。

まとめ

・3種類のNebensatzの意味

 weil・・・warum?
 dass・・・was?
 wenn・・・wann?

・wennはHS+NSだけでなく、NS+HSの並び方でも使える

・NS+HS(Wennが先頭)の場合は必ず「,」コンマを挟んで動詞を置く

・NS+HS(Wennが先頭)の場合は人称代名詞の順番に注意

 トムは長時間働かないといけないときに腹を立てている
 ⇒Tom ärgert sich, wenn er länger arbeiten muss.
 ⇒Wenn Tom länger arbeiten muss, ärgert er sich.

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)