食料品

アイスコーヒーを買ってみました

先日スーパーでアイスコーヒーの缶が売っているのを発見し、早速購入してみました☆

ドイツのアイスコーヒーといえば

日本でアイスコーヒーと言えば冷たいコーヒーに氷がたっぷり入ったものですが、ここドイツでは日本のアイスコーヒーは存在しません

日本だとスーパーなどでペットボトルに入ったコーヒーが売られていて、家でも冷たいコーヒーが飲めるようになっていますよね。

私のイメージはBlandyです。(ひたすらBlandyボトルコーヒーを言い続けるCMの歌が印象的でした)

そんなペットボトルのコーヒーもドイツにはありません。あるのは豆と粉です。

そしてドイツのCafeでアイスコーヒーを注文するとその名の通り、アイスクリームや生クリームが乗った冷たい(ぬるい)コーヒーが出てきます。

日本ではフロートとして売られているものがドイツではアイスコーヒーなんです(^_^;)

調べてみるとドイツだけではなく、ヨーロッパ全体的に日本で言うアイスコーヒーは存在しないみたいですね~(スターバックスでは飲めるようです)

アイスコーヒーを売れば夏の暑い時期には十分需要がありそうなのにな~といつも思っています。笑

スーパーで見つけたアイスコーヒー缶

そんな中見つけたアイスコーヒー缶。お値段も70セント程と安かったので買ってみました\(^o^)/

てっきりブラックコーヒーだと思い込んでいたらまさかのミルクコーヒーでした。笑

お味はかなり甘めでコーヒー牛乳のようでした(^_^;)でも美味しいですよ~

実はこのアイスコーヒー缶と一緒にEisschokoladeも売られていたので買ってみたのですが、アイスコーヒーでこれだけ甘いのならアイスチョコレートはどれだけ甘いんだ?!と思いまだ飲んでません。笑

また飲んだら追記したいと思います☆

※2016.09.05追記
EDEKAにはパックバージョンのアイスコーヒー(ミルクコーヒー)がありました☆

ちなみに缶のものはTengelmannで購入しました。

※2016.09.11追記
Eisschokoladeはチョコレートをそのまま液体にしたような感じでかなり甘かったです・・・(^_^;)
個人的にはあまりおすすめではありません。笑

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)