BIO洗剤

私のお気に入り。オーガニックのハンドソープ

今日は私がドイツに来てからずっと愛用しているハンドソープをご紹介したいと思います(^^)

SODASANのハンドソープ

SODASANと言うオーガニック製品を取り扱う会社のハンドソープです。

写真の物はラベンダーですが、その他にも数種類あります。

・ラベンダーオリーブ

・シトラスオリーブ

・ローズオーリーブ

・センシティブ

最近はその他にも台所用”Küchenseife”という製品や少しお高めの細長いオシャレなタイプのボトルも売られています。

お気に入りポイント

ドイツに来て間もない頃、たまたまBIOショップで目に留まり使い始めたこのハンドソープ。

今でも使い続けている理由はいくつかあります。

1.上品でほのかな香り

香水なんかが苦手で基本的にはなんでも無香料のものを選ぶことが多いのですが、このハンドソープはどれも主張しすぎない香りで気に入っています。

ボトルからプッシュして手のひらに乗せて泡立てると、フワッっと香る匂いがとても心地よいです。

ローズはぱぁっと華やかな香りが広がり、ラベンダーはすっと静かに香る癒し、シトラスは清涼感あふれるすっきりとした香りでどれもそれぞれ良さがあります。

香りが苦手と書きましたが、ドイツに来てからオーガニック製品を使うようになり、自然な強すぎない香りは好きになったように思います。

私はこの3種類どれも気に入っているので1つずつ買って順番に使っています(^^)

2.洗いあがりがすっきり気持ちいい

このハンドソープはしっかりと泡立ちますので、手を洗うのがとても気持ちいいです。

外出先などのお手洗いに設置されているハンドソープはヌメッとしていて水で流しても手にまとわりついているような感覚があることが多いのですが、これは違います。

お水で流すとスッときれいに流れ落ちあっという間にサラッときれいな手になります。

洗浄力が強すぎて手の皮脂まで落としてしまうなんてことはもちろんなく、手がつっぱるような感覚にもなりません。

上手く文章で表現できませんが、初めてこのハンドソープを使用した時の感覚は衝撃でした。

オーガニックなのに割と低価格

ドイツにはたくさんのオーガニック製品の会社がありますが、このハンドソープの会社であるSODASANはどの製品も他社に比べて低価格な気がします。

私はこの他にも食器洗剤や万能クリーナーもオーガニック製品の中ではお安いのでSODASANのものをよく使っています。

ほぼ100点のハンドソープのデメリット

3年以上使い続けているこのハンドソープ。

私の中ではほぼ100点なのですが、1つだけ気に入らないことがあります。

それは残りわずかになったときに非常に使いにくいことです。

これは液体タイプの製品全てに当てはまることかもしれませんが、使っていてイラッとするのです(-_-)

特にこのハンドソープのボトルは四角で底が広いので使いにくく感じます。

仕方がないのでノズルが吸わなくなったら写真の様に洗面台の縁を利用し、ノズル側に液体が集まるようにして使っています(-_-)

すっきりキレイに最後まで使い切れる方法があれば良いのにといつも思います。

デメリットといっても製品の中身ではなく、ボトルの問題なんですよね。

このハンドソープは詰め替え用の大きなサイズも販売されているので、自分でボトルを用意して詰め替えて使えばこのデメリットも解消されるはず・・・と思いながら今までやらずにそのまま使っています(^_^;)

詰め替え用の方がコスパも良いのですが、手先があまり器用なタイプではないので詰め替え作業が下手で苦手なんですよね(ToT)

それにこの四角のボトルのすっきりとしたデザインもなんだかんだで気に入っているんです。笑

ボトルには多少難ありですが、製品自体はとても良いのでぜひ使ってみて下さい♪

今回私はこの製品をハンドソープとしてご紹介していますが、実際はリキッドソープとして販売されていて手洗いだけでなく、ボディーソープとしても使える製品です。

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)