食料品

ドイツのイースト【Hefe】

ミュンヘン生活ではちょこちょこパンを作るようになりました☆

パン作りに欠かせない材料はイースト菌ですよね(^^)
パンを発酵させている間にムクムクと膨らむのはイースト菌の活動のおかげです。

どこでも安く手に入る【Hefe】

ドイツ語ではイーストのことを【Hefe】=ヘーフェと言います。

どこのスーパーでも必ずあると思います。

私は日本でインスタントドライイーストしか見たことがなかったのですが、ドイツではインスタントドライイースト生イーストが売られています。

◆生イースト

キューブ状になっていてスーパーの冷蔵棚に箱詰めされた状態で陳列されています。

スーパーによって異なりますが、だいたいバターや牛乳などの乳製品の近くに置かれていると思います。

お値段は数セントとかなり安いです。

◆インスタントドライイースト


ドイツのスーパーはどこも製菓コーナーが広いスペースで設けられていて、その製菓コーナ―にインスタントドライイーストも置かれています(^^)

写真の小袋×4くらいがセットで売られています。

値段は確か1€程だったと思います。

生イーストが意外に使いやすい

ドイツに来て初めて生イーストを使うようになったのですが、意外にも使いやすい。

初めはよくわからなくてインスタントの方がいいかな~?と思っていたのですが、慣れると生イーストの方が使いやすいと感じるようになりました。

予備発酵をすることでイーストがしっかり生きていることを確認できるので、なんとなく安心なんだと思います。

今では生イーストばかり使っていて、インスタントは生イーストを買い忘れたときの為に常備している状態です(^^)

ドイツでパン作り、生イーストの使い方以前ドイツのイースト【Hefe】という記事で「手づくりパンを作るとき、最近は生イーストを使っています。」とい書いたのですが、生イーストの...

 

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)