食料品

お菓子作りにSpeisestärke

ドイツのお菓子レシピではよく登場するSpeisestärke(シュパイゼシュタァーケ)と言う材料についてご紹介したいと思います。

Speisestärkeとは何なのか?

色々調べてみたのですが、あまりよく分かりませんでした(^_^;)

「でんぷん」と言うことは間違いなさそうです。

人によっては「片栗粉」や「コーンスターチ」の代用品として使うこともあるようですが、個人的には「コーンスターチ」の役割に近いのではと思っています。

私はKartffelnmehlを片栗粉の代用品として使っています。

ドイツの片栗粉【Kartoffelnmehl】いろいろな料理に使用する片栗粉。 日本食材店やアジアショップへ行けば【片栗粉】と書かれた商品を購入することができますが、ドイツのス...

ドイツの代表的なSpeisestärke

その名はモンダミンです。

初めて聞いた時はあの有名なCMソング、「お口くちゅくちゅモンダミン~♪」が脳内に流れました笑

しかしモンダミンはSpeisestärkeを販売している会社名であって商品名ではありません

なので、同じようなパッケージでモンダミンの名で↓のような商品も販売されています。


https://www.mondamin.de/produkte

 

モンダミン以外にもSpeisestärkeはあります


写真はRUFという有名な製菓用品を取り扱っている会社のものです。

大きなスーパーなどではRUF社のオーガニックバージョン(BIO)のSpeisestärkeも販売されています。

RUF社ではSpeisestärke以外にもオーガニックバージョンの製菓用品が売られています。ご興味のある方はこちらからRUF社の商品ページを見られます。

 

ケーキ作りにはSpeisestärke

私は自分が食べたくなった時によくケーキを作るのですが、日本のレシピで作る場合、ドイツには薄力粉がないのでどうしてもスポンジがどっしりと重く焼きあがってしまいます。

ドイツの小麦粉は日本と違う渡独後ミュンヘン生活で困ったこと、それは小麦粉の種類が分からないということでした。 日本では強力粉・中力粉・薄力粉が主流だと思いますが...

そこで分量の内何割かをSpeisestärkeに替えてスポンジを焼くと、すこし粗い感じの仕上がりにはなりますが、薄力粉で作ったスポンジに近いものができます。

分量は適当でも大丈夫

Speisestärkeに置き換える割合ですが、私はいつも「全体の分量が250gだから50gはSpeisestärkeにしようかな」という適当な感じで決めています(^_^;)

マイルールとしては、Speisestärkeを入れ過ぎると焼き上がりや食感が悪くなってしまうので、多くても3分の1までの分量を目安にしています。

多すぎると別物になってしまいますが、こんな適当な感じでもそれなりのものができます。

もうすぐクリスマスですし、ケーキをお家で作られる方もいらっしゃると思います。

ドイツの小麦粉+Speisestärkeでぜひ試してみて下さい(^^)

ドイツではよくType405が薄力粉Type550が強力粉と聞きますが、個人的には日本の分類からするとどれも中力粉だと思っているので、いつも適当にどちらかを買って同じように使っています。Type550の方が多いかも?
Type405でもType550でもお菓子も麺類も変わりなく美味しく作れています。(あくまで個人の感想です)

 

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)