ミュンヘン情報

ドイツでねこカフェを初体験

動物は可愛くて見るのは好きなのですが、実際にそばに来られると少し怖い・・・(^_^;)

そんな私がお友達に誘われて、ここミュンヘンでねこカフェデビューをしてきました!

店内でまったりモードのねこちゃん達


お店は小奇麗なカフェと言う感じで、その店内でねこちゃん達が自由に過ごしています。

やはり人に慣れているようで、私たちが入店すると「あー誰か来たのね」と言った感じでチラッと目を向ける程度で、全く関心なしという感じでした。笑

ワンちゃんなんかがよくしっぽを振りながら走ってきて、足元で動き回ることに少し恐怖を感じる私にとっては、このねこちゃん達の塩対応っぷりが丁度良かったです。

メニュー表には注意事項とねこちゃん紹介

この日私はドリンクを注文しただけなのですが、メニューを見た限り、こちらのカフェはビーガン食を提供するお店のようでした。

今回は頂きませんでしたが、自家製のケーキも美味しそうでした(^^)

ねこカフェの注意事項

メニュー表の後ろの方にねこカフェでの注意事項が書かれていました。

イラスト付きなのでドイツ語が分からなくてもなんとなく理解できますが、下記のようなことが書かれています。

・フラッシュ撮影はご遠慮ください

・餌をあげないでください

・ねこを高く持ち上げないでください

・ねこ用のはしごにぶら下がらないください

・ねこの出入り口で待ち伏せしないください

・ねこを捕まえないでください

ねこちゃん紹介

このように写真と名前が載せられています(^^)

Webサイトの情報によるとこのねこちゃん達はみんな保護施設から貰われてきた子のようです。

私がカフェに入った時にはまだ1組しかお客さんがいなくてガランとしていたので、6匹って少ないなと思ったのですが、お店はそれほど大きくないし、席が埋まったときのことを考えると丁度良いのかもしれません。

ねこって自由だな

先ほども書いたようにねこちゃん達は「我関せず」な感じで店内で気ままに過ごしています。

↓のようにテーブルにどっしりと座っておられるねこちゃんも。

「店内を歩き回っているねこちゃんが机に乗るのはお店の衛生的にどうなのだろう?」と少し思いましたが、ねこカフェなんだからそういうものですよね。

「テーブルに食事を直置きするわけでもないのだから別にいいか。」とひとり脳内会議をして解決致しました。

まるで番人のようなねこちゃん

お手洗いに行こうと通路を曲がると、まるで門番のように座っているねこちゃんが。
ドアの前に座っているので扉が閉められません(^_^;)

「ここは通さぬ」と言わんばかりのこの凛々しい表情。笑

ビビりな私はドキドキしながらねこちゃんに近づき撮影しましたがピクリともせず。

堂々たる門番さんでした。

(お手洗いは2カ所あったのでねこちゃん門番がいない方を利用しました)

初体験、ねこカフェの感想

「動物を見るのは好き、だけど近くに来られると少し怖い」と言う私ですが、ねこカフェは思っていたより平気でした。

ただおしゃべりに夢中でパッと下を見た時に足元にねこちゃんがいた時や、背後を歩いていた時は少しビビりました。笑

ですがねこちゃん達はとてもおとなしく、基本のんびりと店内で過ごしているだけなので、こんな私でもねこカフェの空間を楽しく過ごせました。

また機会があれば行きたいなと思います(^^)

今回私は抹茶ラテを注文したのですが、豆乳にうっすら抹茶風味がついているだけでお味は…でしたので抹茶ラテはあまりおススメしません(^_^;)

katzentempel

住  所:Türkenstr. 29  80799 München 

電  話:089-20061249

営業時間:月曜~金曜…11–20時
     土曜…10–20時
     日曜…10–18時
     祝日…10–18時

URL:https://katzentempel.de/

katzentempelという名前のねこカフェはミュンヘンだけではなく、ニュルンベルク,ハンブルク,ライプツィッヒにもあるようです。

 

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)