ドイツの○○

昨日の出来事いろいろ

今日から11月ですね。

夏が終わったなぁと思っていたらあっという間に冬が近づいています。

街はもう冬支度を始め、スーパーではクリスマスのお菓子が並び、街路樹の落ち葉は道路いっぱいにあり、毎日落ち葉清掃の車が走っています。

そんな中、(特に関係ありませんが)昨日あった出来事について書きたいと思います☆

飛行機の中の出来事

この連休を利用して旅行へ行ってきました(^^)旅行についてはまた改めて記事を書きます♪

その帰りの飛行機での出来事です。

私たちが搭乗した飛行機はかなり小型のもので、2人掛けの席が左右にあるタイプ。

ちょうど私たちの前の席には3歳くらいの男の子とお母さん、通路を挟んでお父さんが座っていました。

ドイツの子どもは本当にお人形が動いているように可愛くっていつも微笑ましく眺めさせてもらっています♡(^▽^)

最初はお行儀良くしていた男の子ですが、だんだんとご機嫌ナナメに・・・。

まだ小さいからしょうがないよね~と話していた私たち。しかし、夫がある異変に気付いたのです。

・・・おむつ替えてる

えーっ!!とびっくりしましたが「海外では普通なのか?日本ならありえないだろうなぁ」と言いながらそのまま時間が経過。

ですが、しばらくすると前の席からう〇ちの臭いが・・・

ちょっとこれは・・・(ーー;)と思っていると後ろから年配CAさん登場。

すぐにおむつ替えをしていたお母さんに話しかけていました。

その声掛けがまた外国らしいなと思ったのです。↓以下夫の英語訳

CA「ちょっとあなた!なんでここでおむつを替えてるの?!」

母「だって場所がないんだからしょうがないでしょう?」

CA「場所はあります!あなたは私たちに場所を聞こうとする素振りもみせなかったじゃない。ここはパブリックスペースよ!臭いじゃないの!」

母「・・・すみません。」

このやり取りを真後ろで見ていた私たち。やっぱり海外でもNGなことだったのね・・・笑(ー▽ー)

しかしこのCAさん、声掛けというよりは明らかに怒りながら注意していました。正論なのだから当然だけれども、日本で同じことが起きた場合こんな風に強く言えないだろうなと思いました。

私も日本ではずっと接客業をしていたので、海外の接客でこんな風にダメなものはダメだとはっきり言えることはステキだなと感じました。(でも海外の接客スタイルについては言いたいことが山ほどありますが笑)

昨日はハロウィン

そんな出来事もありつつ無事ミュンヘンに到着。ところがS-Bahnにトラブルがあったようで電車が全くこない・・・。

30分ほど駅で待ちようやく乗車できましたが、何度も止まっては動きを繰り返しミュンヘン中心部へ着くまでかなり時間が掛かってしまいました。

そして中心部に近づくにつれ仮装した大人たちが乗車してくるのを見て、そういえば今日はハロウィンなんだなぁ~と思い出す私。

そしてやっとのことで帰宅。ぐったりした私の目に映った光景がこちら↓

おそらくハロウィンでお菓子をもらいに来た子どもたちの仕業。クリームらしきものがドアノブあたりにべったりとつけられていました・・・

え、ハロウィンってこんなことされるの?家に居ないだけで?意味が分からない。
というか、やるにしてももっと掃除しやすいところにしてくれ。鍵穴に入ってしまうだろうが!(`Д´)

早く家に入ってゆっくりしたいのにこの有様。疲れていることも手伝ってとってもイラッ!!(`Д´)っとしてしまい、全く悪くない夫に八つ当たりしながら手持ちのウェットティッシュで拭き取る私。これってドイツじゃ普通のことなんでしょうか?

今日同じマンションの別のお宅の前を通ったら同じようにクリームをつけられているドアを発見。笑

これってだれも怒らないのかなぁ?と思ったり(^_^;)

なんだかすっきりしない出来事でした。

ブログを始めて一年が経ちました

このブログを開始してから約一年が経ちました☆

最近はなかなかコンスタントに更新ができていませんが、たくさんの方に見て頂けているようでとっても嬉しく思っています(^^)

Facebookにもいいね!して下さってありがとうございます!

書きたいことはたくさんあるのに全然書けていない・・そんな状況ですが(^_^;)、二年目も地道に続けていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願い致します♪

いいね!して頂けると
嬉しいです(^^)

ABOUT ME
keroko
夫の海外赴任により2015年4月~2019年4月、南ドイツ・ミュンヘンで暮らしていました。 現在は帰国していますが、ドイツ滞在中に書き切れなかったことやドイツ語学習について引き続き更新していく予定です(^^)